戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メルカバ車体塗装の続き
東大卒でポーカー世界チャンピョンになった木原直哉さんは、その著書『たった一度の人生は好きなことだけやればいい!』(2014 日本能率協会マネジメントセンター)のまえがきで、こんなことを述べています。

『私はそんな自分の経験から、世の中に成功するための法則があるとすれば、自分が本当に好きなことを見つけ、やり続けるということしかないと確信しています。』

まさにそうだと思います。



フェンダーの側面先端部にあるゴムの泥よけ部を作り直しました。
キットでは厚みが気になったのです。
0-色塗り車体24
ポスカの灰色をぺんてるネオセーブル0号(小学生が使うやつ)の古くなったものを使用し、上面に色むらを入れました。
わずかな色の変化なので、少し離れるとわからなくなる程度です。
0-カラーグレイ筆

側面も同様にレインマーカー風に流して入れてみました。
0-カラーグレイ

油彩のマースオレンジを入れてみます。
色は相対的なものなので、下地の色によって変化して見えます。
マースオレンジでは想定よりも赤みが強く感じられてしまいました。
「おかしな色になったなあ」
0-colorサビ

車体左側面は青みの強い灰色グリーン(グリーングレイ+シナバーグリーン+モノクロームチントクール+ホワイト油彩)を塗りました。
0-カラー緑

例のごとく筆跡はばりばり残しています。
「ちょっとキタナイなあ」
色を混ぜるとどうしても汚い印象の色合いになりがちです。
そのうえ筆跡まで残すと技術的に低い作品ともはや見分けがつきません。
0-色塗り車体23

右側面は黄色みの強いグリーンで塗りました。
ブルーバックの写真では、青み成分が相殺されてしまうため、黄色に見えます。
0-色塗り車体22

拡大画。
緑と黄色の中間ぐらいで塗ったつもりですが、印象としてはダークイエローに見えますね。
こちらも筆跡は残りますが、左側面の灰色グリーンより印象は悪くありません。
0-カラー黄

後方の斜め面およびエッジ付近のわずかな範囲にインディアンイエロー(油彩)で彩度の高いアクセントを入れてみました。
陽が当たる上面は白とびして鮮やかさは逆に失われている。
垂直の側面は陰となって鮮やかさは失われている。
ならば、暗いところと明るいところの境目のほんのわずかにあざやかな色が出るのではないかと仮定したからです。
0-color黄

垂直面の上方、折れ曲がりの角に近い部分に青みがかったグレイ(透明ブルー+ニュートラルグレイ油彩)を入れました。
これは折れ曲がりの角は、明度の対比によってより暗く見えるように思えるから、このような色の表現にしてみました。
0-色塗り車体30

マースイエローとバーントアンバーを投入しました。
混色ではなく、それぞれを別々に。
0-色塗り車体21

拡大図。
0-サビ投入1

ポスカのホワイトを水で薄めながら塗りました。
垂直面の下端あたりを中心に入れています。
これは、地面からの反射と水平面からの反射を意識したものです。
このあとの工程で、グリーンでフィルターすることを想定した処理です。
0-ポスカ投入1

フロントはこの時点でこうなっています。
0-ポスカ投入2

ここで本命のグリーンを投入します。
0-グリーン投入

フロントはこうなり、
0-グリーン投入2

サイドはこのような感じ。
0-グリーン投入3

ライトなど細部の塗装に入りました。
黒い方のライトは中心部にクリアレッド、外周をツヤありブラックで塗っています。
使用塗料はタミヤエナメルです。
000-ライト

排気管を塗装しました。
フラットブラック+フラットブラウン(タミヤアクリル)でエアブラシ。
この部分を塗るとき、あきらかなタミヤデフォルメを確信しました。
排気部のスリットの数が実車より明らかに多いのです。
タミヤメルカバの車体は実車より上下方向にスリムに作られているようです。

内部が空洞なので、対面の穴の光が漏れてしまっています。
仕切りなどを作成して対策する必用がありますね。
000-排気管
サイドスカートの一枚目だけはブルーでフィルターをかけました。
明るいサンド色のパステルでホコリ汚れを追加する予定なので、反対色としてのブルーで下処理したのです。
デカールはメンモデルのメルカバMK3Dより拝借しています。
タミヤのキット付属のデカールは古くなってぼろぼろになっていました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。