戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青年の主張
安倍さん、アンタは根本的に間違ってる。
自衛隊員も国民なんだよ。

国民の生命と財産を守るためというけれど。

0-へっつああー

ヘッツアーの側面装甲厚と後面装甲厚は20ミリしかなく、実質的に走る棺桶です。
(正面装甲のみ60ミリ)
人間魚雷回天などと本質は同じ。
兵士(つまり国民)は、生きている盾として消費されました。

だれかを犠牲にしても良いという考えを許容すると、やがてあなたも犠牲のひとりにならなければなりません。

だよね?


コメント
この記事へのコメント
自分はこの国の社会保険制度に頭に来ています。
毎月、年金健保でおよそ7万天引きされていながら
いざ家族が入院するとなると、最低でも月15万の
負担を強いられる。
どうせ年金も体のいいフミタオシ。
年金も健保も、金を転がすことをアリバイに禄を確保する
クソ役人どものためにある制度ですね。
こんな現実にくらべりゃ平和国家の実現とか、なんとも
お気楽な議論に思えます。

社会制度の不備で己の生存権に支障が発生した暁には
自分は実存的選択を取ります。
国民である以前に人間として、もとより具備している
権利だと思っています。
2014/07/25 (金) 01:24:34 | URL | REV3 #9QYrXNqs[ 編集]
REV3さんへ
うーん、クソひどい現実ですね。
行政というのは、サービス業であるべきと思います。
より良いサービスを提供する国を選んで住むことも最終手段としてはあり得ると思います。

自由は全てに優先して大事です。
職業選択の自由も、住居の自由も。
そして、可能ならば、国家選択の自由も。
そうすれば、クソ国家は自動的に衰退に向かうでしょう。
2014/07/25 (金) 23:45:23 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。