戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
装甲ブルドーザー、アップデート中
何か物足りなかった装甲ブルドーザー。
いくらエアブラシ仕上げのテストケースとはいえ、行き着くところまで完全燃焼していない作品は、どうにも不満がつのります。
考えに考えた末、思い切って手を入れることにしました。

油彩でのサビの追加を全域にわたって敢行。
砂漠の戦車が錆びないというのは観念的にそう思い込んでいるだけで実車をしっかり観察していない証拠。
現実にはサビサビだ。自衛隊の車両(現用戦車)でさえサビは出ている。
装甲ブルupdate2

車体の下回りに地面からの反射による色味の変化を透過度90パーセントぐらいで薄くフィルター。
上部が完全な寒色系であるのに対し、地面に近い部分はやや暖色に感じるように変化させています。
装甲ブルupdate
もともと寒色にしていたのには意味があります。
「血も涙も無い感じ」を出したかったのです。
メルカバ4にしろ装甲ブルドーザーにしろ、そこまでやるかと感じるほど血も涙も無い印象の進化を続けています。
極悪非道感が半端ないAFVを生み出すのはどんな人々か?

意外にも初めて出会ったイスラエル人は繊細な人でした。
プログラマーをしているという。
奥様は日本人。
イスラエルとパレスチナ、難しいことが多い。
報道はバイアスがかかっているので自分でしっかり調べなければ。

コメント
この記事へのコメント
ドーザーの錆イイであります!
実物は…金属むき出し箇所ならスグに錆が浮き始めちゃいます
(金属むき出し箇所の多くは可動部なので、使い続けていると金属感が維持されます)
この狭間をどう狙うか…
モデラーのウデの見せ所でありますよね…
宮崎さんの錆表現は実使用の考証を重ねられていらっしゃるので、大好きであります!

で…
ダビデの車両たち…
歴史のお話はムツカシイのでおいといて…
純粋に「乗員の命を守る」を極めた格好良さを感じます
鮮やかな碧い空の下で、その実車の迫力に圧倒されてしまいました
(水分補給を兼ねたシャバシャバしたサラダ?も「その地で生きる為の知恵」が印象深く…)

人間同士の次元では語り合えるのに…国の次元になるとムツカシイ…
永遠の課題なのかもしれませんね…
2015/02/15 (日) 16:52:09 | URL | 不肖・半可久斉 #-[ 編集]
半可久斉さんへ
イランが核を持とうとすると、いろいろ言われるのに、イスラエルが何も言われないのはなぜか、など、疑問は多々ありますね。
初めて会ったイスラエル人はとっても良い人でした。
国家と個人は別物に違いありませんが、国力を背景に尊大な態度をとってしまう人物がいるのも確か。
一時期、一般のアメリカ人がかなり嫌われていた時期もありましたし、日本人の金にモノを言わせた旅行客が眉をひそめられていたのも記憶に新しいところです。
東南アジアで横柄にふるまう日本人もまだいるのでしょうか。
今公開中の映画、『イクソダス』もイスラエルに関係する映画ですね。
2015/02/16 (月) 14:33:54 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。